非常勤の医療求人の実態
非常勤の医療求人の実態

整形外科の非常勤の医療求人

月曜と水曜はA病院、火曜と金曜はB病院、木曜と土曜はC病院と、器用にも3つの病院で働いているのは、整形外科医の友人です。友人は今、非常勤として3つの病院で働く生活を送っています。これは、友人が正社員として就職できないのではなく、友人自らが選んで決めたことでした。友人は元々は、正社員として働くことのできる医療求人を探していたそうです。それはもちろん、非常勤と比較した場合、給料も安定していて、規定の勤務時間があり、休暇もきちんと確保されていて、夏と冬にはボーナスの支給もあるからです。そういった大きな待遇の違いがありながら、友人が非常勤の医療求人を選んだのは、いくつもの病院で経験を積みたいと思ったからだそうです。整形外科というのは、患者様の治療を行うところで、その中でも骨に関係する怪我を扱います。これは、パッと見たところでは違いを判断することが難しく、レントゲンなどを使うこともあります。そんな整形外科の仕事は、いくつもの症例を経験して数をこなしていかない限り、スキルを身につけることはできないのでした。そこで友人は、整形外科医としてのスキルを磨くために、いくつもの病院で経験を積み、より良い医師になることを試みたのだそうです。そうして友人は今、3つの病院で働く整形外科医をしているのでした。友人は今、このどの病院でも時給で働いていて、昇給がなければボーナスもないそうです。しかし、キャリアという大きな価値のあるものを得ることができていると、今の仕事にとても満足をしていました。雇用形態よりも、仕事へのやりがいを大切にするべきだと、友人から教えてもらったような気持ちになりました。整形外科医として働いている友人は、自分の手1つで、患者様の身体が動くようになるか、駄目になってしまうかという、とても責任の重たい役目を担っています。そんな仕事に意欲的にがんばる友人を見て、私はとても勇気付けられ、応援したいと思いました。

おすすめ記事

Copyright (C)2016非常勤の医療求人の実態.All rights reserved.